株式会社クライム

〒370-0841 群馬県高崎市栄町16-11

高崎イーストタワー13階

企業情報

代表メッセージ

はじめまして。株式会社クライム 代表取締役の金井修です。 クライムに興味を持っていらっしゃる皆さんにお伝えしたいことがあります。

私の大学時代はバブル真っただ中で、学生起業が盛り上がっていました。学生時代に社会のことを教えてくれた師匠から「2,000万円出資するから起業してみなさい」と言われましたが、その時は「会社勤めをしたことがない私にまだ起業は早いのではないか?」と二の足を踏んでしまい、そのチャンスをつかむことが出来ませんでした。
その後、大学を卒業して社会人1年生として富士通グループに入社しましたが、「3年後に必ず起業するぞ!」という夢を抱いていました。そこで、現在の専務の山田と出会いました。山田の高い技術力に惚れ込み、3年後に一緒に起業したいと説得し、ようやく口説き落として、毎晩、毎晩「こんなソフトウェアを開発したい」「こういう技術をやってみたい」「こんな会社にしたい」などと熱く語り合ったのを今でも覚えています。
会社は与えられた仕事をしてお給料をもらうだけの場所ではありません。
かつて私自身がそうであったように、将来の夢を熱く語り、その夢を実現するために、仲間を説得し、実現させるために努力を惜しまず、結果を恐れず常に挑戦し続ける、そういう場所にしたいと思っています。
巷ではIT業界は3Kだ、などと言われて最近は若い人たちから倦厭されている職種のようですが、本来はIT技術を使うことにより、困っている問題が解決されたり、不便だったことが便利になったり、面倒なことが手軽になったり、IT技術産業は社会貢献度の非常に高い仕事です。10年前にはなかったものが、「こういうものがあれば、もっと世の中の人たちが幸せになれる!」と夢を見てその夢を実現しようとした人たちによりどんどん新しいものが生まれてきています。
クライムもそういった夢を持った集団にしたいと思っています。
その一つとして社員の自由な発想が経営に参加できるよう、「C5プロジェクト」を毎年行っています。社員が新規事業の企画をプレゼンし、優秀な企画は新規事業として実現する可能性があるのです。当社の主力製品のレビュー支援ツール「C-Review Support」も、このC5プロジェクトから生まれた製品です。

クライムを設立した当初は社員が3名しかいなかったクライムも、50名になり、100名になり、今では200名を超える規模まで発展しました。
規模が大きくなればそれだけ、100人100通りの様々な声が上がってきます。
良い意見ばかりではありません。不満や批判的な意見にも耳を傾けるようにしています。中にはショックな内容もあります。
しかし、恐れず社員全員の意見に耳を傾けて、改善すべきは改善し、みんなから「クライムっていい会社だよね」と言われるような会社にしていきたいと思っています。
クライムは、従業員の幸福を最大の目的としています。
幸福でモチベーションの高い従業員だからこそお客様に最大のサービスを提供できるものと考えています。

是非、私たちクライムで一緒に働いてみませんか?

代表取締役社長 金井 修

PAGE TOP